食べる

賀露に「フードダイバーシティ鳥取砂丘」 ビーガン対応のヴェジーグル販売

フードダイバーシティ鳥取砂丘 左から店長と商品開発スタッフ

フードダイバーシティ鳥取砂丘 左から店長と商品開発スタッフ

  • 7

  •  

 フードダイバーシティ鳥取砂丘(鳥取市賀露町)が4月20日、オープンした。経営はリバードコーポレーション。

フードダイバーシティ鳥取砂丘

[広告]

 もっちりとした食感の米粉ベーグルに、野菜粉末を加えた「ヴェジーグル」(ベーグルとベジタブルからの造語)を販売する同店。8大アレルゲンを含まず、ビーガン対応で、小麦を使わないグルテンフリー。規格外で捨てられる野菜を活用し、フードロスにも貢献する。商品は、トマト、ホウレンソウ、ごぼう、にんじん、かぼちゃの5種類で、価格は280円。

 山崎達哉常務は「食に関する問題は多様で、数々の課題がある。今の世の中にはおいしいものはたくさんあるので、われわれにしかできないことをしていきたいという思いがある。誰にでも安心安全な食を提供することで、これまで宗教やアレルギーなどの理由で、食べたくても食べられなかった人の課題を解決していきたい。そのため、最初の商品として今回のヴェジーグルを開発した」と話す。

 「添加物やアレルゲン、小麦などを使わないピュアなフードを作る。このコンセプトは今後も変わることはない。その中で、これからはこの施設で食に対する体験も提供したい。誰にでも見てもらい、安心していただけるように、この施設はガラス張りにしてある。子どもの施設見学や、教室、イベントなどいろいろな機会を作っていければ」と意気込む。

 営業時間は10時~17時。水曜定休

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース